遺伝について

統合失調症は遺伝するのか?

最近聞いた講演での精神科医のお話では「統合失調症」そのものは遺伝しないけど、『なりやすさ』みたいなものは遺伝する・・とか。ガン家系とか、親戚に糖尿病が多いのよ~とか、そういうのと同じことなのだろうと理解しました。

さて「うちの場合」。次兄が高校生の時に発症。

私の両親は統合失調症ではありません。おじおばの中にもいません。私は3人きょうだい。長兄と私は統合失調症ではありません。祖父母やいとこでこの病気になった人がいるという話も聞いたことはないです。

亡き母が次兄が発症したころに父方の祖母のきょうだいの息子にひとりそういう人がいはった。(統合失調症かどうかは不明)なんて言ってましたが、えっと・・・その人は次兄や私から見ると誰?(笑)あ、父のいとこってことかな。最近父に聞いたら「知らん。」と言ってました。もう87歳なので覚えていないか、母の記憶違いだったのか?

そんな感じで、そう頻発しているワケではないようです。

私は結婚していますが、子どもはいません。意識的にできないようにしたワケではないけど、そこで不妊治療をしてまで・・絶対子ども欲しい!という気持ちにならなかったのも事実。いたらよかったなぁとか、女としてやはり半人前なのかなぁとか、その後悩む時期もあったけど、生まれた子が次兄のようになったらイヤだ・・という思いはずっとありました。

一方、長兄はというと次兄が発症する前に大学から家を出てしまったので、特に気にすることもなく相手に自分の弟の病気のことも言うこともなく結婚し、一女一男を授かりました。姪も甥も成人して、リスクの高い時期は過ぎたのではないかなと思っています。

ハイ、発症していません。もしも姪か甥が発症していたら・・と思うとコワイですね~。兄嫁もその両親も次兄の病気を知らずに結婚したのですから。ただし・・女性は40代にもう一度ヤマがくるとどこかで読みました。甥も20代前半だし、まだリスクはゼロではないけど統計上100人に一人はなる病気ですからね。ここまできたら姪甥に限った話ではないのです。

これからは様々な人生の山場を迎えるにあたり、なんとかそれを乗り越えて、健やかに、幸せになってね!!とおばとして願っております。

統合失調症患者さんの兄弟姉妹と会う機会が増えたのですが、兄弟姉妹の中で複数人発症していたり、親ときょうだいが発症していたり・・という人もけっこういて、やはり統合失調症のなりやすさ・・みたいなものは遺伝するのかなと思います。

とある精神科医の方のブログも参考になるので貼っておきます。→ kyupinの日記

2015年10月30日23:00

←結婚について 成年後見制度の利用→

 

お問い合わせ先

一般社団法人まめの会 (おふぃすあかいわ内) 075-711-2825
担当:赤岩
mamenokaikyoto612@gmail.com